4年制と6年制の違い 東北大学薬学部創薬科学科から東大の

4年制と6年制の違い 東北大学薬学部創薬科学科から東大の。大学院の移動は、大学時代の教官とうまく話をつけなければなりません。東北大学(薬学部創薬科学科)から東大の大学院に進みたいと考えているのですが、やはりあまり現実的ではないのでしょうか メリット、デメリット等を添えてアドバイスをいただけると嬉しいです よろしくお願いします 4年制と6年制の違い。旧制度平成16年度での進路状況は。学部4年の卒業者では。修士課程への
進学者が82%。薬剤師として就職した者が10%。創薬科学科とその後の
大学院の制度は旧制度とほとんど同じで。研究者?技術者養成コースです。
しかし平成18年度入学者からは薬学科で学部6年間の教育を受けた人に受験
資格が与えられ。創薬科学科4年間を卒業しただけでは受験資格は与えられ
ません。

大学院の移動は、大学時代の教官とうまく話をつけなければなりません。しかも、東大に進学できる教官が推薦できる研究室がないと、進学できません。なので、東北大の研究室配属時から、東大進学を念頭に置いて選ばなければなりません。メリット?東京に住んでいる方が、何かと便利。資格試験などの会場も近いし、どこでも電車で行ける。?最終学歴が東大になる。?研究費が多い研究室に所属できる可能性が高い。?能力的に最高レベルの学生ばかりと交流できるので、友達になっておいて損はない。?就職試験の時に、いちいち新幹線で移動しなくていい。デメリット?大学時代の学生との交流が途切れる。?最終学歴は東大でも、大学は東北大卒に変わりない。?研究室になじむのに、修士1年のうちの半年かかる。内部の学生より数ヶ月遅れて研究が始まるので、修士課程はとても忙しい。?内部学生と外部の学生に差が出る可能性がある。就職の斡旋など、内部の学生が優先される。?修士で終われば、「いったい何しに来たのか?」と言われる。博士課程進学が当然だと思われる。?能力が高すぎる学生ばかりなので、正直、あまり目立った研究成果を出せないのでは?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です