輸出規制を解除するのか 韓国はついに日本を優遇対象国から

輸出規制を解除するのか 韓国はついに日本を優遇対象国から。軍事利用でる物資など規制に理由が無いと単なる報復措置だとWTO違反になるよ。ペリーをお呼びした韓国はついに日本を優遇対象国から除外しましたがこれによる日本の損害はどれくらいでしょうかが総額53,390円で完璧に出来たお話。韓国はついに日本を優遇対象国から除外しましたがこれによる日本の損害はどれくらいでしょうか 韓国を「ホワイト国」から除外。おととい月日。日本が韓国を輸出管理で優遇するホワイト国から除外しま
した。これに対しこれまでの「ホワイト国」は「グループ」に該当し。
アメリカ。イギリス。フランス。ドイツなどです。グループA思い返せば。
金大中が日本の文化を韓国市場に開放したことが唯一のケースでしょうか。
対象となる品目。日本の「ホワイト国」から外されたことによって。それに関連
する戦略物資の数は品目。トム?ブラウンライスによるネタバトル!「輸出規制を解除するのか」。韓国政府は日本が昨年7月以降。韓国に対して取ってきた輸出厳格化措置が解除
されないことに業を煮やし。と輸出管理の優遇対象国「グループA旧
ホワイト国」からの除外が解除されないことに業を煮やし。日本決定から
半年が経っても。この問題で進展が見られないことに「これ以上待てない」と
痺れを切らしたことに結果として。韓国との貿易額で92億ドル。対韓貿易
黒字も49億ドルも減少した。互いに。利得がなければ。成立しません。

政府。韓国はこれに強く反発。世耕経産相は韓国の優遇措置の取り消しについて「
安全保障のための輸出管理の適切な運用に必要な見直しで。粛々と手続きを
さらに。日本による韓国のホワイト国除外を巡り。ポンペオ米国務長官が「重大
な懸念」を示したとした上で。韓国と米国が内容を追加しました。韓国。元徴用工訴訟問題をめぐり。日本政府は輸出管理面で優遇対象となるいわゆる「
ホワイト国」から韓国を除外。サムスン電子 などの韓国
電機大手にとって不可欠な輸出品に関する規則を厳格化した。

軍事利用でる物資など規制に理由が無いと単なる報復措置だとWTO違反になるよ。キムチって何か軍事利用できるかな笑WTO違反かもしれないが、勝手にすれば、という感じ。やらせたいようにやらせておけばいい。日本は韓国への協議の要請などする必要はない。日本は必要なモノがあれば韓国以外から輸入すればいい。●韓国大統領 冷静に対処すること必要と強調 19時02分韓国のムン?ジェイン文在寅大統領は「日本の経済報復に対するわれわれの対応は感情的であってはならない」と述べ、今回の事態で日韓両国民の間の友好関係が損なわれないよう、冷静に対処していくことが必要だとする考えを強調しました。これは韓国のムン?ジェイン大統領が、12日午後、大統領府で開かれた会議の冒頭で述べたものです。この中でムン大統領は、朝鮮半島が日本の植民地支配から解放された記念日を3日後に控えていることを踏まえ「過去に日本の帝国主義から大きな苦痛を受けたわれわれとしては、日本の経済報復を極めて重大に受け止めざるをえない」と述べました。一方で、ムン大統領は「日本の経済報復に対するわれわれの対応は感情的であってはならない」と述べ、今回の事態で日韓両国民の間の友好関係が損なわれないよう、冷静に対処していくことが必要だとする考えを強調しました。日本政府による韓国への輸出管理の強化をめぐって、ムン大統領はこれまで「加害者の日本がぬすっとたけだけしく大声をあげている状況を決して座視できない」と述べるなど、対抗姿勢をあらわにしてきました。それだけに、12日の発言はいくぶんトーンダウンしたという受け止めも出ていて、保守系の有力紙「朝鮮日報」の電子版は「冷静に現実を直視して現状を突破すべきだという点を強調したもので、日本との協議を見越して発言のレベルを調節したのではないか」とする見方を伝えています。●韓国の日本優遇国除外 事実上の対抗措置も実効性に疑問の声2019.8.12 18:30ソウル=桜井紀雄韓国政府は12日、安全保障上の輸出管理で優遇措置を取る対象国から日本を除外する制度改正案を発表した。日本政府が安保上の輸出管理で優遇措置を取る「ホワイト国」からの韓国除外を決めたことへの事実上の対抗措置だ。20日間の意見公募や審査を経て9月中に施行される見通し。韓国側も貿易制度上の措置を打ち出したことで、さらなる日韓関係の悪化は避けられない状況となった。成允模ソン?ユンモ産業通商資源相が記者会見で、制度改正の理由を「国際的な輸出管理体制の原則に背いて制度を運用したり、不適切な運用事例が繰り返し発生したりする国とは緊密な協力が難しい」と述べ、日本によるホワイト国除外への対抗措置であることを実質認めた。韓国は、輸出管理に関する4つの国際的な枠組みに加わる29カ国を優遇措置の対象である「カ」地域に、中国などそれ以外を「ナ」地域に振り分けてきた。今回の改正案では、新たに「カの1」と「カの2」に分けて日本だけを中間の「カの2」に分類する。「カの2」に入ることで、韓国からの戦略物資の輸出で包括許可が適用されにくくなるほか、個別許可の審査期間が5日以内から15日以内に延びるなど、手続きが厳格化される。成氏は、20日間の意見公募期間中に「日本政府が協議を求めれば、いつどこでも応じる準備ができている」と述べ、今回の発表が日本側と措置撤回を交渉するカードであることをにじませた。韓国政府では当初、「カ」と「ナ」に、新たに「タ」分類を加え、日本だけをそこに振り分ける案も検討された。その場合、日本によるホワイト国からの韓国除外よりも強い排除措置と受け止められかねない。今後の世界貿易機関WTOへの提訴も見据え、措置のレベルを調整した形だ。ただ、韓国紙、中央日報電子版は「鉄鋼?金属など一部の品目を除いて先端素材など戦略物資の対日輸出比率は非常に低く、実効性があるかどうかは未知数」という分析を紹介。逆に、日本への輸出を行う韓国企業の損失を増やすとの指摘も出ている。●韓国、日本を優遇対象から除外 9月ごろから2019.8.12 15:12韓国政府は12日、安全保障に関わる輸出管理で優遇措置を適用するグループから日本を外し、輸出手続きを強化する措置を9月ごろに実施することを発表した。日本の輸出管理厳格化に対する対抗措置とみられる。成允模ソン?ユンモ産業通商資源相は12日に行った記者会見で、「輸出管理体制の原則から逸脱し制度を使ったり、不適切な事例が続く国とは緊密な協力が難しい」と述べた。聯合ニュース電子版によると、日本を優遇対象から除外する措置は20日間の意見公募や規制の審査などを行った上で実施される。成氏は、日本政府が意見公募の期間中に協議を要請してきた場合は「韓国政府は応じる準備ができている」と述べた。●韓国 日本を輸出管理の優遇対象国から除外 来月から 14時05分韓国政府は、韓国側の輸出管理の優遇対象国から日本を来月から除外し、その下に設置する新たなグループに日本を分類する方針を発表しました。輸出のための審査期間が延びるなど、より厳格な基準が適用されることになると説明しています。これは、韓国のソン?ユンモ成允模産業通商資源相が、12日午後2時から記者会見をして明らかにしたものです。それによりますと、現在、29か国となっている韓国の輸出管理の優遇対象国から日本を除外し、その下に設置する新たなグループに日本を分類する方針だということです。これによって、日本に輸出する際には、審査に必要な書類の数が増えたり、審査期間が延びたりすることになる見通しで、より厳格な基準が適用されることになると説明しています。今回の変更の背景について、ソン産業通商資源相は、「輸出の統制体制の基本原則から外れるような制度を運営していたり、不適切な運用事例が持続的に発生したりする国とは、緊密な協力が困難で、これをふまえた制度の運用が必要だ」と述べました。また、今後20日間にわたって、国内から意見を集め、新たな措置は来月から施行される予定だと明らかにしました。そのうえで、ソン産業通商資源相は、「意見をとりまとめる期間中に日本が協議を要請すれば、いつ、どこでも応じる用意がある」と述べました。今月2日、韓国政府は、日本政府が輸出管理の優遇対象国から韓国を除外する決定をしたことを受けて、韓国側も輸出管理を強化することを検討すると明らかにしていました。■「詳細確認し対応」これに関連して、外務省幹部は、NHKの取材に対し、「韓国側の措置の理由や具体的な内容など、詳細を確認したうえで対応したい」と述べました。また、別の幹部は、「直ちに大きな影響が出ることはないだろうと考えており、今の段階では様子見だ」と述べ、今後の状況を冷静に見極めたいという考えを示しました。一説によればGDPの1.8%ほどらしいです日本の輸出入に関係するGDPは25%以下なので損害も微小ですね他で補える範囲でダメージは殆ど有りません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です