輸出規制を解除するのか 日本に対抗してホワイト国から日本

輸出規制を解除するのか 日本に対抗してホワイト国から日本。日本政府が弱腰?間抜け?相手を読めないので、韓国がそこまで調子に乗る。我が家の日本に対抗してホワイト国から日本を外した韓国についてどう思いますでしょうか【翻訳】。日本に対抗してホワイト国から日本を外した韓国についてどう思いますでしょうか 是非とも意見をください ホワイト国から日本除外「対抗措置ではない」=韓国政府。世宗聯合ニュース韓国政府は日本を「ホワイト国輸出管理の優遇対象国
」から除外する措置を盛り込んだ「改正案について産業通商資源部は。日本が
輸出管理上の優遇対象国から韓国を除外した措置とは根本的に異なり。日本の
輸出規制強化措置について韓国側の理解が不足しているのではないかという意見
があった。日本が対韓輸出規制をしなくても告示を改正したか。お寄せ
いただいた情報は。 担当者が検討の上。ご紹介させてい ただきます。世耕経済産業大臣の閣議後記者会見の概要。Q。 韓国側は。ホワイト国除外に対して対抗措置の可能性に言及するなどしてい
ますけれども。今後。韓国側にどういうことを求めるかということと。後国内
企業への影響についてお願いいたします。 A。 あくまでも。今回の

日本に対抗してホワイト国から日本を外した韓国についてどう思いますでしょうか!半年で月5万円稼ぐアフィリエイトサイトを作る為の69の手順。韓国への優遇除外「“空騒ぎ”にどう対応する。細川昌彦?中部大学特任教授は「韓国がいわゆる“ホワイト国”でなくなっても。
輸出の実態にほとんど影響は出在寅ムンジェイン政権下の韓国が。
がむしゃらに米国へのロビーイングを展開していることを受け。「日本の外交
先日。日本は韓国に対して。いわゆるホワイト国の除外に踏み切ったわけですが
。この動きをどうご覧になっていますか?特任教授。以下。細川氏。輸出
管理のことについては。ようやく皆さんの理解が進みつつあると思います。韓国を「ホワイト国」から除外。おととい月日。日本が韓国を輸出管理で優遇するホワイト国から除外しま
した。日韓関係への影響ですが。菅官房長官は「日韓関係に影響を与えること
は意図しておらず。ましてや対抗措置では武藤さん。文在寅大統領のかなり
強い言葉です。どう見ますか。思い返せば。金大中が日本の文化を韓国市場に
開放したことが唯一のケースでしょうか。特別一般包括許可』とは貨物?技術
の機微度が比較的低い品目について。非ホワイト国向けを含んだ一定の

【まとめ】日本の日本に対抗してホワイト国から日本を外した韓国についてどう思いますでしょうかが、変化に対応しきれなくなっている件について。。政府。文在寅ムン?ジェイン大統領は「非常に無謀な決定だ」と批判。対抗措置を
とる考えを示した。東京/ソウル 2日 ロイター] – 政府は2日の閣議で。輸出
の優遇措置を適用する「ホワイト国」のリストから韓国を除外する政令改正を
決定した。世耕経産相は韓国の優遇措置の取り消しについて「安全保障のため
の輸出管理の適切な運用に必要な見直しで。日本が世界のサプライチェーン
供給網に混乱をもたらし「利己的な妨害」をしていると批判した。「輸出規制を解除するのか」。韓国政府は日本が昨年7月以降。韓国に対して取ってきた輸出厳格化措置が解除
されないことに業を煮やし。日本にキャッチオール規制の整備についても韓国
政府は対外貿易法を今年3月に改正し。キャッチオール規制の法的根拠を通商
資源部の貿易安全保障に関する組織を従来の「課」から「局」に格上げさせ。
再編する形で補完している。韓国政府は昨年。日本への対抗措置として
GSOMIAを延長しない方針を決定し。8月24日に日本に通告したが。

日本政府が弱腰?間抜け?相手を読めないので、韓国がそこまで調子に乗る。日本政府は反省しろ!と私は思う。韓国から輸入しなくていいだけです貿易黒字減らしの為に買いたくないものを無理やり気遣いで輸入していただけなのに、韓国は勘違いしていますね韓国製品が日本に入るのを阻止するために、そして日本製品が韓国に入るのも阻止するためにもっと沢山の規制をかけるべきだ!笑日本は韓国のホワイト国から除外されても何の問題も無い元々韓国から輸入しなければならない物余り無い。韓国さんが言っている、メモリーも日本でも造れるし他国から買う事も可能。日本憎しの経済制裁も日本に余り効果無い反日頑張り、日本と国交断絶になって下さい!韓国国内向けのポーズです。日本に迅速に対抗しているという。韓国政府も何の対抗効果も無いのはわかってますよ。と思います。韓国らしい浅慮猿知恵でしょう文が自分で自分の首を絞めたようなもの???いいと思いますよ、これで敵か味方か、わかりやすくなった、それがわからない若者多いから。もっときつい仕返しで、国交断絶と、言ってほしいです。韓国人を、見たくないです。国内向けのパフォーマンスに過ぎません。「感情的になるべきではない」ってお前が一番感情的になってるつーの!韓国からしか調達できない品目は無いので損するのは韓国企業だけ。でも、文政権も困らないんだよね。そうするんだろうなと思っていましたから驚きませんでした。日本は、特に大きな打撃などはありません。大した影響はないと思われるものの、ちゃんと書類を作り今まで通り正しく輸入するのみでありましょう。韓国の人たちの多くは感情的で、それに対処する方法はありませんね。世界の多くの人が私のように感じていることを、文大統領も知ったのでしょう。その上で「感情的であってはならない」コメントにつながったのでしょう。しかし今では止められない暴走の気配です。日本にケンカを売って、その後のことは考えていない。これからどこまで堕ちて行くつもりなのでしょうか。政治に本当に必要な素養は、国民を煽って、ナショナリズムの名を借りて騒ぎを起こすことではない。その国の国民を幸せにするにはどうしたら良いのか考えられるかどうかだ。文さん、死刑台に上がる前に考え直して下さい。韓国の輸出管理全体があくまでも全体がだよ厳格化するための口実なら、別に無視すべきだけどね。まぁ、期待してないけど。韓国が「キャッチオール規制」大量破壊兵器及び通常兵器の開発等に使われる可能性のある貨物の輸出や技術の提供行為などを行う際、経済産業大臣への届け出およびその許可を受けることを義務付けた制度に該当する製品を日本に輸出しているとは思えない。「意味はないが、とりあえず同様の名目で報復しておこう。どうせ国民はバカだからわからん。よくやってくれた大統領!と支持してくれるだろう。」という文の浅はかな考えだと思います。そもそもが制裁とか報復じゃなく、韓国の戦略物質の管理の甘さが招いた問題。それを制裁とか報復とかにすり替えて、責任逃れをしようとする姑息さには腹も立つwが???仮に彼等が本質を解かっていないまま騒いでいるのなら???それは、国の崩壊を招くだけさw我々は、それを生暖かい眼で見守るwwwだけで良いんじゃないwまっ、見守るだけで手は出さないでねwww自国経済をさらに窮地に追い込む結果となりそうです。日本の韓国離れが進むかなと。?無駄な抵抗?としか言い様がありません。正直日本は韓国から一切輸入が出来なくなっても短期で立て直せます、優遇措置を解除されても腹は痛みませんので。合理的根拠がありません。「韓国版鳩山由紀夫」と揶揄される文在寅らしい思い付きです。●文在寅大統領演説 外務省幹部「明らかにトーンが変わった」2019.8.15 18:33韓国の文在寅大統領が、日本の朝鮮半島統治からの解放記念日「光復節」の演説で対日批判を抑制したことについて、外務省幹部は「明らかにトーンが変わった」と指摘し、韓国側の対応を見極める考えを示した。今後は、韓国最高裁が日本企業に賠償を命じたいわゆる徴用工訴訟をめぐり、日本側が受け入れ可能な解決策を示すかどうかが焦点になる。政府内には、安全保障上の対韓輸出管理の厳格化が、文氏の変化につながったとの見方もある。政府関係者は「ついに打つ手がなくなって弱気になったのではないか」「日本と対話したいのだろう」と述べた。ただ、別の外務省幹部は「実際の行動につながればよいのだが」とも語り、韓国側が現実的な解決策を示すのか、注意深く見守る考えを示した。●岩屋防衛相「一時期に比べ穏やか」韓国大統領演説2019.8.15 17:47岩屋毅防衛相は15日の記者会見で、韓国の文在寅大統領による「光復節」の演説について「一時期の発言に比べると非常にモデレイト穏やかされた形になってきている」と述べた。その上で「北朝鮮のミサイル問題をはじめ日韓や日米韓の防衛協力が重要なときに差し掛かってきている」「連携すべき事柄についてはしっかり連携したい」と強調した。文氏は、いわゆる徴用工問題などで関係が悪化している日本に対し批判を展開してきたが、演説では「日本が対話と協力の道に出てくれば快く手を握る」「公正に交易し、協力する東アジアをともにつくっていくだろう」と呼びかけていた。一方、韓国側が破棄を示唆する日韓の軍事情報包括保護協定GSOMIAについて、岩屋氏は「延長して引き続き情報交換ができる関係が望ましい」と重ねて述べた。●政府、徴用工訴訟の「対抗措置」否定 対韓輸出管理で答弁書2019.8.15 16:17政府は15日の閣議で、安全保障上の輸出管理で優遇措置の対象国から韓国を外す政令改正に関し、いわゆる徴用工訴訟をめぐる韓国側の対応への「対抗措置ではない」とする答弁書を決定した。政令改正の理由として「韓国の安全保障に係る輸出管理制度に不十分な点があり、改善を進めているとの確認が取れない状況が続いている」と重ねて強調した。政府は韓国向けの輸出管理を厳格化した後も半導体材料の一部の輸出を許可した。答弁書では「国際的な平和と安全の維持を妨げないと認められる場合は適切に許可する」としている。衆院会派「立憲民主党?無所属フォーラム」の岡田克也元副総理の質問主意書に答えた。●現実悟った文大統領 日本に対話と協力呼びかけるも楽観できず2019.8.15 13:41ソウル=名村隆寛韓国の文在寅大統領が15日、日本の朝鮮半島統治からの解放記念日「光復節」の記念式典で行った演説は、日本政府による輸出管理厳格化などを批判しつつ、日本に対する過度の刺激を避けた抑制した内容だった。いわゆる徴用工や慰安婦の問題を蒸し返し、日本の批判に耳を貸さず譲らない文氏だが、今回はこれら具体的な日本との歴史問題について直接言及することはなかった。文氏は「日本の不当な輸出規制に立ち向かう」と強調。「責任ある経済強国に向かう道を一歩一歩進む」と述べた。韓国が「誰も揺るがすことができない国を実現できずにいる」と認めた上で、その実現を「改めて誓う」と述べ、日本の措置に危機感を強める韓国国民に危機克服を訴えた。一方で、「日本が過去を顧み東アジアの平和と繁栄を牽引するよう望む」「対話と協力の道へ向かうなら喜んで手を結ぶ」と語った。文氏はこれまで、日本の措置を歴史問題に対する「経済報復」だと断じ、「警告する」とまで言っていた。この日の演説は打って変わって、現実を直視したものになった。ただでさえ低迷から抜け出せない韓国経済に日本の措置が加わり、韓国社会はこの1カ月半、動揺に支配された。演説の最後に「われわれは、できます!」と国民に改めてげきを飛ばした文氏だが、韓国が直面している厳しい現実を認めざるを得なかったといえる。日韓関係の悪化を、米国は両国との同盟関係に悪影響を及ぼすと見ており、特に最近の韓国での対日感情悪化に懸念を強めている。日本を強く非難していた文氏は12日、「日本への対応は感情的になってはいけない」と語った。発言の背景に、米国からの圧力があったかどうかは不明なものの、文氏が経済問題だけではなく、高揚する韓国内の反日感情に危機感を覚えたのは間違いなさそうだ。ただし、徴用工や慰安婦の問題など、韓国が協定や合意を守らず日本に不信感を与え続けている懸案をめぐって今後、対話が実現しても韓国側が歩み寄りを見せるとは楽観できない。日本との歴史問題で文氏の基本姿勢は変わっていないからだ。文氏が冷静さを取り戻そうとする一方で、韓国社会での反日感情が収まる気配はない。日本大使館周辺での反日デモや日本製品の不買運動、日本への旅行回避は続いており、これを主導しているのが文氏を支持する左派勢力だ。日本に和解を求めつつも、文氏が火のついた国民の反日感情を鎮めるのは難しそうだ。●韓国の優遇国除外「日本経済への影響少ない」 経産相2019.8.15 13:09世耕弘成経済産業相は15日の閣議後の記者会見で、韓国が輸出管理上の優遇対象から日本を除外する方針を発表したことに関し「精査する必要はあるが、日本経済への影響は少ない」との考えを示した。韓国からの輸入品は、石油製品や鉄鋼など他国からの輸入で代替可能な品目が多いためとみられる。その上で世耕氏は韓国側の措置について「根拠や理由が明らかになっていないので、韓国側に実務的な説明を求めている」ことを明らかにした。世界貿易機関WTOに韓国を提訴するかについて世耕氏は「まずは状況の確認に努めたい」と述べるにとどめた。逆に韓国は、日本が2日に閣議決定した輸出管理上の優遇対象から韓国を除外することについて、WTOに提訴する方針を示している。日本への“報復”とも取れる措置を韓国が打ち出したことで、世耕氏は「WTO提訴をどうするのか、韓国側に聞いてみたい気持ちもある」と述べた。また、韓国を輸出管理上の優遇対象から外すことについて「各国の責任によって判断するものであって、協議する性質のものではない」と述べ、韓国側と協議しないことを改めて強調した。●新?悪韓論韓国また妄想「放射能五輪は危険」 日本の放射能レベルは韓国より低いのに大騒ぎ…世界に向け「東京五輪ボイコット」運動 2019.8.15 韓国は14日、「慰安婦の日」を迎えた。文在寅政権が、日韓合意を無視するように2年前に公式記念日にしたもので、15日の「光復節」と合わせて、韓国中が「反日」一色に染まりそうだ。こうしたなか、韓国では新たな“対日嫌がらせ”として、2020年東京五輪?パラリンピックへの攻撃が展開されている。「東京の放射能レベルが高い」という主張だが、実は、ソウルの数値の方が高く、「滑稽」「愚劣」といった感想すら出てくる。ジャーナリストの室谷克実氏が注目連載「新悪韓論」で迫った。◇日本政府が、韓国を貿易上の優遇措置を適用する「グループA『ホワイト国』から改称」から除外したことに端を発した、韓国の「反日の高潮」は、文政権サイドが陰になり日なたになり扇ぎ続けている。このため、「慰安婦の日」と「光復節」が終わっても、「反日の平常水位」にはなかなか戻らないだろう。そうしたなか、限界が見えてきた不買運動に代わる“対日いやがらせ”のテーマとして浮上しているのが「放射能五輪は危険」キャンペーンだ。韓国人は「強度の放射能恐怖症」と言えよう。いや正確に言えば、韓国の放射能レベルがやや高くても問題にしないのに、日本の放射能レベルは韓国より低くても「危険だ」と大騒ぎする不思議な「放射能恐怖症」なのだ。日本にも一昔前、「ソ連の原爆はきれいだが、米国の原爆は汚い」と主張する人々がいた。どこか似ている気がする。韓国人は「韓国の常識は世界の常識」との思い込みが強い。そのため、「世界中が日本の放射能レベルを危惧しているはず」と信じ、「放射能問題は日本のアキレス腱だ」との妄想で固まっている。韓国政府は2013年9月、国際オリンピック委員会IOCで、20年五輪の開催地を決める投票が行われる前日にタイミングを合わせて、「放射能の危険があるので福島など日本8県の水産物輸入を禁止する」と発表した。これは韓国型妄想に基づく「東京五輪開催阻止」の戦術だった。懲りない人々は、韓国型妄想を再び世界に広めようとしている。今回は彼らに強い後押しがある。韓国の世論調査で68.9%が「東京五輪ボイコット」に賛成しているJTBC8月5日ことだ。しかし、世界の中の“嫌われもの”の一国が「放射能五輪をボイコットしよう」と呼びかけたところで同調する国が現れるのだろうか。韓国の文化体育観光省ですら「五輪の時は、韓国選手団に放射能に汚染されていない食料を空輸する」計画を立てている。つまり「参加」を大前提にしているわけだ。文在寅大統領は6月、大阪でのG20主要20カ国?地域首脳会議の前夜、関西の在日韓国人と懇談した。その際、「近い隣が五輪を成功裏に開催できるように誠意を尽くして協力するだろう」と述べた中央日報6月28日。与党の議員たちが中心になって進める「放射能五輪ボイコット運動」は、大統領の発言に反するではないか。もっとも、この大統領は“日韓経済戦争”について、「もう日本には負けない」と勇ましく宣言したかと思うと、1週間もしないうちに「皆が被害者になる勝者のないゲームだ」と言葉を変える人物だ。大阪での発言など、もう頭の中に残っていないのかもしれない。「放射能五輪ボイコット運動」は、海外向けサイバーテロ集団を動員して、ギリギリまで続けられるだろう。日本政府はWTO世界貿易機関逆転敗訴の教訓を噛みしめて、韓国の対外向け悪宣伝活動に対しては、手を抜かずに、こまめに対応していく必要がある。そうすれば、最後に問われるのは、韓国に「1国だけでもボイコット」する度胸があるのかどうかとなる。その度胸なしとなった場合、懲りない人々はどんな顔をして何を言うのか、今から楽しみではないか。●「徴用工問題は解決済み」ポンペオ米国務長官が日本支持 韓国の「国際的孤立」明確に 2019.8.15 マイク?ポンペオ米国務長官が今月初旬、韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた、いわゆる「元徴用工」訴訟をめぐり、「韓国の請求権問題は、1965年の日韓請求権協定で解決済み」とする日本の立場を支持する意向を河野太郎外相に伝えていたことが分かった。ポンペオ氏は、日本政府が、韓国を貿易上の優遇措置を適用する「グループA『ホワイト国』から改称」から除外したことにも理解を示したとされる。文在寅大統領率いる韓国の国際的孤立が明確になってきた。注目の事実は、日本政府筋が14日明らかにした。関係者によると、河野、ポンペオ両氏は今月1日、タイ?バンコクで開かれた東南アジア諸国連合ASEAN関連会合の場で、短時間意見交換した。河野氏は、元徴用工問題に触れて「日韓請求権協定によって問題は解決済みだ」「協定を覆せば、戦後の国際秩序を根底から覆すことになる」と問題点を指摘した。ポンペオ氏は、河野氏の主張を支持する考えを示した。同時に「日韓双方が前向きになるような解決策を両国で話し合って見つけてもらいたい」とし、米国として日韓の仲介に入る意向は示さなかった。同じ意見交換で、ポンペオ氏は、日本政府が「ホワイト国」から韓国を除外したことについても理解を示したと、NHKが5日報じている。日韓両政府は、週内にも米グアムで外務次官協議を開く方向で調整している。16、17両日が軸。歴史を自分勝手に解釈して、国家間の約束を反故にし、集団で狂乱的な抗議を繰り返し、約束の内容を変えさせようとする手法は通用しない。日本側は、米国から「理解」を得たと判断し、韓国最高裁が賠償を命じた判決は協定違反として、韓国自身による対処を求める方針だ。不買運動などしなくても韓国製品購入量は自然と減っていく。私は韓国製品を買ったことがない。日本の経産省は2019年8月初め、輸出管理強化をした半導体素材について、一部の企業の対韓輸出を許可した。これを韓国世論は『不買運動で日本に勝った!』と勘違いして喜んでいる。GSOMIA破棄も、日本には大きな影響はないとされる。日本は情報収集衛星を7基も保有し、北海道から沖縄まで、幅広い範囲で朝鮮半島の電波?信号情報を入手しているからだ。逆に困るのは偵察衛星を持たず、協定継続を求めた米国を裏切る韓国である。●「反日」自家中毒の韓国…トランプ氏は「米韓同盟破棄」準備か 北ミサイル発射を黙認 識者「反日で燃え上がって地獄を見るのは韓国」 2019.8.14 文在寅大統領率いる韓国が、「反日」の自家中毒に陥っている。12日にいわゆる「ホワイト国」から日本を除外すると発表したのだ。14日に「慰安婦の日」、15日に日本の朝鮮半島統治からの解放記念日「光復節」を迎え、国民の「反日」感情は爆発しそうだ。文政権はさらに「日韓軍事情報包括保護協定」GSOMIAの破棄をチラつかせているが、ドナルド?トランプ米大統領は「裏切りの恫喝」を許さない。北朝鮮の短距離弾道ミサイル発射を黙認する背景として、「在韓米軍撤退?米韓同盟破棄」の準備をしているとの見方がある。◇「国際的な輸出管理体制の基本原則から逸脱して制度を用いたり、不適切な事例が続いたりしている国とは緊密な協力が難しい」韓国の成允模ソン?ユンモ産業通商資源相は12日の記者会見で、日本を念頭にこう語った。安全保障上の輸出管理で優遇措置を取る国のグループから、日本を9月ごろに除外するという。日本が安全保障上の運用見直しとして、韓国を「グループA『ホワイト国』から改称」から除外したことへの対抗措置のようだが、日本には痛くもかゆくもない。逆に、韓国が世界貿易機関WTOのルール違反に問われかねない。韓国は今週、「反日」で盛り上がりそうだ。聯合ニュースによると、国定記念日となって2回目となる「慰安婦の日」の14日、韓国各地のほか、日本や英国、オーストラリア、ニュージーランドなど世界9カ国?地域の21都市で抗議集会を開催するという。朝日新聞が大誤報を認めた慰安婦問題だが、日本政府は2015年12月、当時のバラク?オバマ米政権の強い意向もあり、同問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を、韓国政府と合意した。ところが、文氏は昨年3月、「加害者である日本が『終わった』と言ってはいけない」と開き直った。韓国政府は同年11月、日韓合意で設立した「和解?癒やし財団」の解散を発表した。国家間の約束を守らず、後から文句を言って、約束の内容を変えようとする。まさに、韓国の十八番「ムービング動く?ゴールポスト」である。いわゆる「元徴用工」の異常判決も同じ構図といえる。15日の「光復節」では、ソウルの日本大使館前などで大規模な反日抗議集会が予定されている。一連の抗議集会では、8月下旬に更新の判断期限を迎える日韓の軍事情報包括保護協定GSOMIAの破棄を訴える声も大きい。韓国情勢に詳しい朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊氏は「日本の経産省は今月初め、輸出管理強化をした半導体素材について、一部の企業の対韓輸出を許可した」「これを韓国世論は『不買運動で日本に勝った!』と勘違いして喜んでいる」「韓国にも冷静な識者はいるが、『親日派だ』とレッテルを貼られて批判される」「反日感情が自家中毒して制御不能となりつつある」とあきれる。GSOMIA破棄も、日本には大きな影響はないとされる。日本は情報収集衛星を7基も保有し、北海道から沖縄まで、幅広い範囲で朝鮮半島の電波?信号情報を入手しているからだ。逆に困るのは偵察衛星を持たず、協定継続を求めた米国を裏切る韓国である。松木氏も「韓国軍はGSOMIAの重要性を理解しているだろう」「ただ、文氏に正確な情報が上がっているかは怪しい」と語った。トランプ氏が、北朝鮮による度重なる短距離弾道ミサイル発射を問題視しない立場を崩さないことも、要注目だ。米メディアは「来年の米大統領選をにらんで、金正恩朝鮮労働党委員長との非核化交渉の機運を維持したいため」と報じているが、実は「在韓米軍撤退?米韓同盟破棄を視野に入れているからではないか」という分析もある。これと符合するのか、北朝鮮外務省のクォン?ジョングン北米局長は11日、「トランプ氏が小さなミサイル試験だとして、われわれの自衛権を認めた」「今後、対話に臨んでも米朝間であって北南対話ではない」と、韓国を突き放す談話を発表した。松木氏も「北朝鮮の短距離弾道ミサイルは在韓米軍にとっては脅威だが、撤退を予定しているなら、トランプ氏は騒がないだろう」「現に、米シンクタンクを通じて『GSOMIA破棄=米軍撤収?同盟解体』という警告は発している」「文氏としては、『南北統一=高麗連邦国家樹立』に向けた追い風かもしれないが、『南北統一で、韓国経済は30年後退する』との分析もある」「『反日』で燃え上がって、地獄を見るのは韓国国民だ」「まさに『ヘル?コリア』となる。日本は相手にせず、放置しておくことだ」と語っている。●日本の解き方「南北協力で日本に勝つ」文大統領の荒唐無稽な精神論に韓国紙ですら呆れ…「世界最悪の貧困国家?北朝鮮と協力して日本に追い付く?どんな魔法だ」 2019.8.15 韓国の文在寅大統領は、「北朝鮮との経済協力で平和経済が実現すれば、一気に日本の優位に追い付くことができる」と述べた。この発言は、韓国大統領府での会議において、日本による輸出管理見直しを批判した際に行われた。南北統一や南北経済協力は、文大統領の金看板で、これまで何度も繰り返されている。国難を自分の支持率向上に結びつけようとする戦略だろう。しかし、その実現性やロジックは荒唐無稽である。すでに韓国国内でも批判されている。朝鮮日報は社説で、北朝鮮は「技術も資源も市場もない世界最悪の貧困国家」なので、「低賃金労働力の利用以外に何ができるのか」「そんな国と経済協力して世界最高の技術大国日本に一気に追い付くとはどんな魔法か」としている。これが世界の常識だ。1989年のベルリンの壁崩壊で、東西ドイツが統一されたが、旧東ドイツの支援のために旧西ドイツは長年負担にあえぎ、低成長を余儀なくされた。この苦境を救ったのは、99年にスタートした共通通貨ユーロだ。ユーロの導入によってドイツは、ユーロ域外に対し相対的に有利な為替レートとなるとともに、域内では為替変動がないため、ドイツ経済の競争力が他の欧州諸国に対して相対的に強化されることとなった。当時の旧東ドイツは社会主義国の中では優等生であり、今の北朝鮮よりはるかに経済は良かった。そして、欧州では長い期間かけて共通通貨の議論がなされていたことからユーロ創設に結びついたが、今のアジア圏で共通通貨の話はまったくない。東西ドイツの統合は恵まれた環境の中で行われたが、今の朝鮮半島をめぐる環境とはあまりに違いすぎる。経済的に考えてもあり得ないが、政治的にもまったく勘違いだ。北朝鮮を何よりも大切にする文大統領は、北朝鮮以外、何も見えていないのかもしれない。ただ、日本は輸出管理の強化についても、国連の制裁対象である北朝鮮への横流しを懸念しているとみられる。そうした状況で、韓国が北朝鮮との協力で乗り越えられるとは、悪いジョークにしか思えない。ここまで文大統領が北朝鮮優先の考えであると、北朝鮮の非核化に本気で取り組むとは思えない。前述したように、韓国がいくら北朝鮮と協力しても、日本経済には到底太刀打ちできない。しかし、軍事的には、北朝鮮を非核化せずに、そのまま核開発を続ければ、南北統一の暁には、核保有国となって、日本の脅威になるだろう。その脅威を使えば、軍事的に日本に勝てると考えているのかもしれない。文大統領の北朝鮮推しは、もともと左派思想によるものだが、経済的でなく軍事的な意味があるとすれば、北朝鮮を非核化せずに、そのまま核保有国にすることを意味しているのではないか。元内閣参事官?嘉悦大教授、高橋洋一●文大統領の「南北共闘で日本に対抗」発言は現実離れ?2019.8.6 20:16前略北朝鮮の国内総生産GDPは約307億400万ドル17年、韓国の約1兆5307億5100万ドル同年と合わせても約1兆5614億5500万ドルで、当時のレートで約174兆8800億円。南北を合わせても日本の約547兆4千億円同年に遠く及ばない。文氏の発言は韓国で「絵に描いた餅」のように受け止められており、市場も好反応を示していない。韓国紙、朝鮮日報は6日付の社説で、北朝鮮を「技術も資源も市場もない世界最悪の貧困国家」とし、「低賃金労働力の利用以外に何ができるのか」「そんな国と経済協力して世界最高の技術大国日本に一気に追い付くとはどんな魔法か」と文氏を批判した。低迷から抜け出せない経済に加え、日本の輸出管理厳格化に見舞われている韓国。中略韓国では朝鮮日報が「大統領が国民を心配するのではなく、国民が大統領の言動で不安になる国はどこに行くのか」「そんな国が危機を切り抜けられるのか」と指摘するなど経済の先行き以前に現実とかけ離れたような発言をする大統領の考えに対する不安感が強い。ホワイト国から除外した理由に不適切な貿易慣行を挙げたらしいですが、詳細は述べなかったらしいです。まあ、真っ当な理由なんて何も無くただ腹いせにやり返しただけでしょう。いつもの韓国人ですね。ああいう民族です。あれが普通の韓国人です。慌てて7月下旬にホワイト国と言うのを作って8月に登録してすぐ外したんですよね。ただ輸出の管理を厳しくするって事らしいので、日本へ輸出している韓国企業には悪影響が出るかもしれませんね。あと韓国政府は日本を外した理由を明らかにしていませんが、安全保障などの大義名分が無いただの制裁の可能性があります。その場合はWTO違反です。日本は韓国への協議の要請などする必要はない。日本は必要なモノがあれば韓国以外から輸入すればいい。日本には痛くも痒くもない。逆に、韓国が世界貿易機関WTOのルール違反に問われかねない。●政府、韓国“報復”措置にも冷静に対処 対韓輸出管理強化へ28日に政令施行 2019.8.13 21:35日本政府は、安全保障上の輸出管理で優遇措置を取る対象国から日本を除外するとの韓国政府の発表に対し、経済への影響や15日に日本の朝鮮半島統治からの解放記念日「光復節」を迎える韓国の状況を注視し、冷静に対処する構えだ。輸出管理の優遇措置の対象国から韓国を除外する政令も予定通り28日に施行する。「何を根拠に日本の輸出管理制度が輸出管理レジームの基本原則に則っていないと言えるのか全く不明だ」。世耕弘成経済産業相は13日、自身のツイッターにこう書き込み、韓国政府の発表に疑問を呈した。財務省の貿易統計によると、平成30年度の韓国からの輸入額は前年度比6.6%増の約3兆4800億円だった。韓国は、中国約19兆2000億円や米国約9兆1000億円などに次ぎ、5番目に大きな輸入相手国だが、輸入総額約82兆3000億円に占める比率は約4.2%にすぎない。韓国政府は9月中に日本を対象国から除外する見通しだが、韓国以外に代替が利かない品目はほとんどないとされる。佐藤正久外務副大臣は自身のツイッターに「あまり実質的な影響はないのかも?確認する」と投稿した。日本政府には、国際社会から感情的な韓国と同列視されたくないとの判断がある。外務省幹部は「ボールが転がってきたからといってすぐに投げ返さない方がいい」「国際社会に『日韓はどっちもどっち』と見られないようにしなければ」と冷静な対応に徹する考えを示した。●韓国与党が日本“戦犯”企業との取引禁じる法案を提出 「戦犯ステッカー」も再燃2019.8.13 19:56ソウル=桜井紀雄韓国与党「共に民主党」の議員らは13日までに、韓国側が先の大戦に協力した「戦犯企業」だと名指しする日本企業と韓国の政府機関との随意契約を禁じる法律改正案を国会に提出した。日本政府の輸出管理厳格化に反発したもので、議員側は「歴史問題と国民感情を考えると、少なくとも政府の公共部門では、戦犯企業の製品購入を自制する措置が必要だ」と主張した。韓国調達庁が議員に開示した資料では、ここ10年間に韓国政府と傘下機関が「戦犯企業」とする日本企業から物品を購入したのは約21万9000件、約9098億ウォン約780億円に上り、このうち約3500件、約943億ウォンが随意契約だった。韓国メディアによると、三菱や日立、東芝、キヤノンなどが生産したコピー機やプリンターなどが含まれるという。一方、ソウル近郊の京畿道キョンギドの「共に民主党」議員は、道内の小中高校で「戦犯企業」が製造した備品にそのことを示すステッカーを貼る条例案を近く道議会に提出する方針を明らかにした。3月にも同様の条例案を出したが、日韓関係に悪影響を及ぼすとの非難が相次ぎ、撤回していた。政府機関が特定国の製品の購入を制限することは国際規定に反するとの指摘もあり、世論がどのような反応を示すのか注目される。日本は韓国への協議の要請などする必要はない。日本は必要なモノがあれば韓国以外から輸入すればいい。日本には痛くも痒くもない。逆に、韓国が世界貿易機関WTOのルール違反に問われかねない。●韓国の輸出優遇対象国からの日本除外 影響など分析へ 経産省 14時16分韓国が輸出管理の優遇対象国から日本を来月から除外する方針を示したことを受けて、経済産業省は韓国側が今回の措置に踏み切った理由や日本企業への影響がどの程度、及ぶのかなど分析を進めることにしています。韓国政府は、韓国側の輸出管理の優遇対象国から日本を来月から除外する方針を示し、「輸出の統制体制の基本原則から外れるような制度を運用していたり、不適切な運用事例が持続的に発生したりする国とは緊密な協力が困難だ」などとしています。これについて、経済産業省は13日午後、「詳細について情報収集に努めている」というコメントを出しました。ただし、経済産業省は、日本は安全保障関係の国際的な輸出管理の枠組みすべてに参加し、大量破壊兵器だけでなく通常兵器への転用を防ぐための幅広い品目を対象とした規制にも対応しているとして、世耕経済産業大臣も「そもそも何を根拠に日本の輸出管理制度が基本原則にのっとっていないと言えるのか全く不明です」としています。また、日本にとって韓国は5番目に大きい輸入相手国で、石油製品?鉄鋼?半導体を含む電子部品が輸入品の上位を占めていて、韓国側が今回の措置に踏み切った理由や日本企業への影響がどの程度、及ぶのかなど分析を進めることにしています。一方、韓国側は、措置を実施するまでに日本から協議の要請があれば応じる用意があるとしています。世耕経済産業大臣は今月8日の記者会見で「7月12日に開かれた輸出管理強化の説明会について韓国側が一方的に異なった内容を公表しているので、この訂正が行われないかぎり、局長級の政策対話を行えない」「まずは韓国側にアクションを求めたい」と述べていました。それだけに日韓両国による対話の場が設けられるかどうかは不透明な状況です。●世耕経産相「根拠が不明」韓国の対抗策に2019.8.13 12:32世耕弘成経産相は13日、韓国政府が輸出管理の優遇対象国から日本を除外すると発表したことについて、ツイッターに「韓国側会見を見ても何を根拠に日本の輸出管理制度が基本原則にのっとっていないといえるのか全く不明」などと投稿し、批判した。9月中に施行される見通しで、政府は、日本経済への影響を見極める方針。ただ、韓国以外に代替が利かない品目はほとんどないことから、大きな影響はないとの見方が多い。●日本政府、強気崩さず=韓国措置の影響見極め07時03分韓国が日本の輸出管理厳格化への事実上の対抗措置を発表したことを受け、日本政府は措置の内容を精査し、日本経済への影響を見極める方針だ。ただ、影響は限定的との見方が強く、元徴用工問題で韓国に善処を迫るという強気の姿勢を崩していない。佐藤正久外務副大臣は12日、韓国の措置を受けてツイッターに「どのような理由なのか細部確認する」「ただ韓国から日本への機微な戦略物資はほとんど無いのでは?」と書き込んだ。日本政府関係者は「詳細が分からない以上、何とも言いようがない」と述べ、在韓国大使館などを通じて情報収集を進める考えを示した。財務省の貿易統計によると、2018年度の韓国からの輸入額は約3兆4800億円で、国別で第5位。日本政府内には「影響はない。騒ぐことではない」経済産業省関係者との声が広がる。外務省幹部は「状況は変わっていない」と述べ、元徴用工問題での「国際法違反状態」の是正を引き続き韓国に求めていく考えを示した。 ●韓国の輸出優遇対象国からの日本除外 影響など分析へ 経産省 7時28分 NHK韓国が輸出管理の優遇対象国から日本を9月から除外する方針を示したことを受けて、経済産業省は韓国側が今回の措置に踏み切った理由や日本企業への影響がどの程度、及ぶのかなど分析を進めることにしています。韓国政府は、韓国側の輸出管理の優遇対象国から日本を来月から除外する方針を示し「輸出の統制体制の基本原則から外れるような制度を運用していたり、不適切な運用事例が持続的に発生したりする国とは緊密な協力が困難だ」などとしています。これについて経済産業省は、日本は安全保障関係の国際的な輸出管理の枠組みすべてに参加し、大量破壊兵器だけでなく通常兵器への転用を防ぐための幅広い品目を対象とした規制にも対応しており、韓国側が日本を輸出管理の優遇対象国から除外する理由がよく分からないとしています。また、日本にとって韓国は5番目に大きい輸入相手国で、石油製品、鉄鋼、半導体を含む電子部品が輸入品の上位を占めていて、韓国側が今回の措置に踏み切った理由や日本企業への影響がどの程度、及ぶのかなど分析を進めることにしています。一方韓国側は、措置を実施するまでに日本から協議の要請があれば応じる用意があるとしています。世耕経済産業大臣は今月8日の記者会見で「7月12日に開かれた輸出管理強化の説明会について、韓国側が一方的に異なった内容を公表しているので、この訂正が行われないかぎり、局長級の政策対話を行えない」「まずは韓国側にアクションを求めたい」と述べていました。それだけに日韓両国による対話の場が設けられるかどうかは不透明な状況です。●韓国大統領 冷静に対処すること必要と強調 19時02分 NHK韓国のムン?ジェイン文在寅大統領は「日本の経済報復に対するわれわれの対応は感情的であってはならない」と述べ、今回の事態で日韓両国民の間の友好関係が損なわれないよう、冷静に対処していくことが必要だとする考えを強調しました。これは韓国のムン?ジェイン大統領が、12日午後、大統領府で開かれた会議の冒頭で述べたものです。この中でムン大統領は、朝鮮半島が日本の植民地支配から解放された記念日を3日後に控えていることを踏まえ「過去に日本の帝国主義から大きな苦痛を受けたわれわれとしては、日本の経済報復を極めて重大に受け止めざるをえない」と述べました。一方で、ムン大統領は「日本の経済報復に対するわれわれの対応は感情的であってはならない」と述べ、今回の事態で日韓両国民の間の友好関係が損なわれないよう、冷静に対処していくことが必要だとする考えを強調しました。日本政府による韓国への輸出管理の強化をめぐって、ムン大統領はこれまで「加害者の日本がぬすっとたけだけしく大声をあげている状況を決して座視できない」と述べるなど、対抗姿勢をあらわにしてきました。それだけに、12日の発言はいくぶんトーンダウンしたという受け止めも出ていて、保守系の有力紙「朝鮮日報」の電子版は「冷静に現実を直視して現状を突破すべきだという点を強調したもので、日本との協議を見越して発言のレベルを調節したのではないか」とする見方を伝えています。●韓国の日本優遇国除外 事実上の対抗措置も実効性に疑問の声2019.8.12 18:30 産経新聞韓国政府は12日、安全保障上の輸出管理で優遇措置を取る対象国から日本を除外する制度改正案を発表した。日本政府が安保上の輸出管理で優遇措置を取る「ホワイト国」からの韓国除外を決めたことへの事実上の対抗措置だ。20日間の意見公募や審査を経て9月中に施行される見通し。韓国側も貿易制度上の措置を打ち出したことで、さらなる日韓関係の悪化は避けられない状況となった。成允模ソン?ユンモ産業通商資源相が記者会見で、制度改正の理由を「国際的な輸出管理体制の原則に背いて制度を運用したり、不適切な運用事例が繰り返し発生したりする国とは緊密な協力が難しい」と述べ、日本によるホワイト国除外への対抗措置であることを実質認めた。韓国は、輸出管理に関する4つの国際的な枠組みに加わる29カ国を優遇措置の対象である「カ」地域に、中国などそれ以外を「ナ」地域に振り分けてきた。今回の改正案では、新たに「カの1」と「カの2」に分けて日本だけを中間の「カの2」に分類する。「カの2」に入ることで、韓国からの戦略物資の輸出で包括許可が適用されにくくなるほか、個別許可の審査期間が5日以内から15日以内に延びるなど、手続きが厳格化される。成氏は、20日間の意見公募期間中に「日本政府が協議を求めれば、いつどこでも応じる準備ができている」と述べ、今回の発表が日本側と措置撤回を交渉するカードであることをにじませた。韓国政府では当初、「カ」と「ナ」に、新たに「タ」分類を加え、日本だけをそこに振り分ける案も検討された。その場合、日本によるホワイト国からの韓国除外よりも強い排除措置と受け止められかねない。今後の世界貿易機関WTOへの提訴も見据え、措置のレベルを調整した形だ。ただ、韓国紙、中央日報電子版は「鉄鋼?金属など一部の品目を除いて先端素材など戦略物資の対日輸出比率は非常に低く、実効性があるかどうかは未知数」という分析を紹介。逆に、日本への輸出を行う韓国企業の損失を増やすとの指摘も出ている。日本は韓国への協議の要請などする必要はない。日本は必要なモノがあれば韓国以外から輸入すればいい。日本には痛くも痒くもない。逆に、韓国が世界貿易機関WTOのルール違反に問われかねない。●韓国、日本を優遇対象から除外 9月ごろから2019.8.12 15:12 産経新聞韓国政府は12日、安全保障に関わる輸出管理で優遇措置を適用するグループから日本を外し、輸出手続きを強化する措置を9月ごろに実施することを発表した。日本の輸出管理厳格化に対する対抗措置とみられる。成允模ソン?ユンモ産業通商資源相は12日に行った記者会見で、「輸出管理体制の原則から逸脱し制度を使ったり、不適切な事例が続く国とは緊密な協力が難しい」と述べた。聯合ニュース電子版によると、日本を優遇対象から除外する措置は20日間の意見公募や規制の審査などを行った上で実施される。成氏は、日本政府が意見公募の期間中に協議を要請してきた場合は「韓国政府は応じる準備ができている」と述べた。●韓国 日本を輸出管理の優遇対象国から除外 来月から 14時05分 NHK韓国政府は、韓国側の輸出管理の優遇対象国から日本を来月から除外し、その下に設置する新たなグループに日本を分類する方針を発表しました。輸出のための審査期間が延びるなど、より厳格な基準が適用されることになると説明しています。これは、韓国のソン?ユンモ成允模産業通商資源相が、12日午後2時から記者会見をして明らかにしたものです。それによりますと、現在、29か国となっている韓国の輸出管理の優遇対象国から日本を除外し、その下に設置する新たなグループに日本を分類する方針だということです。これによって、日本に輸出する際には、審査に必要な書類の数が増えたり、審査期間が延びたりすることになる見通しで、より厳格な基準が適用されることになると説明しています。今回の変更の背景について、ソン産業通商資源相は、「輸出の統制体制の基本原則から外れるような制度を運営していたり、不適切な運用事例が持続的に発生したりする国とは、緊密な協力が困難で、これをふまえた制度の運用が必要だ」と述べました。また、今後20日間にわたって、国内から意見を集め、新たな措置は来月から施行される予定だと明らかにしました。そのうえで、ソン産業通商資源相は、「意見をとりまとめる期間中に日本が協議を要請すれば、いつ、どこでも応じる用意がある」と述べました。今月2日、韓国政府は、日本政府が輸出管理の優遇対象国から韓国を除外する決定をしたことを受けて、韓国側も輸出管理を強化することを検討すると明らかにしていました。■「詳細確認し対応」これに関連して、外務省幹部は、NHKの取材に対し、「韓国側の措置の理由や具体的な内容など、詳細を確認したうえで対応したい」と述べました。また、別の幹部は、「直ちに大きな影響が出ることはないだろうと考えており、今の段階では様子見だ」と述べ、今後の状況を冷静に見極めたいという考えを示しました。裏をかいせばそれぐらいしか国民に政府は良くやっているとアピールする方法がなかったのでしょう。いずれ北朝鮮と中国に取り込まれてしまうなら日本は韓国と距離を取っておくのが望ましいのでは?離れて初めて日本の有り難さに気がついて欲しいものです。通商上の報復には通商上の報復でまぁ普通の対応でしょうね両方とも実効は無いに等しく、両政府のはったり合戦日本は安全保障上問題韓国は報復韓国は自分の首絞めにかかってるな好きにやればいい。ただ、米中の摩擦で世界経済が揺れる中、なんで自ら進んで自国経済を潰す方向の行動を取れるのかは意味不明です。ちょっと前の日本が韓国をホワイトリストから外したことをものすごい事であるかのように演説にしても、今回の日本外しにしても韓国の通貨や株価を殺してしまうと普通は考えて自重するものだと思うんですけどね。韓国を潰すその上で北朝鮮に統合してもらうことが真の目的なのでは?と勘ぐりたくなるほどです。韓国海苔と焼肉のタレだけ我慢。あとは欲しいものないですねもっと制限してくれていいのにサムスンも車も買わないから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です