諸葛亮残後の もしも劉備が益州進攻の時に上策成都に電撃戦

諸葛亮残後の もしも劉備が益州進攻の時に上策成都に電撃戦。下策な問題外で、曹操に益州を取られて劉備も孫権も詰むだけですね。もしも劉備が益州進攻の時に上策成都に電撃戦又は下策一旦荊州に帰るを採用していたらそれぞれどんな結果になったでしょうかコンプのペリーでも投資ゼロでTOEIC452に達するたったひとつの方法。もしも、劉備が益州進攻の時に上策(成都に電撃戦)又は下策(一旦荊州に帰る)を採用していたらそれぞれどんな結果になったでしょうか ⑩劉備が益州攻略を成し遂げ。目次 荊州南部を獲得して土台を築く 劉備の益州侵攻 益州攻略戦 馬超の帰順
馬超&関羽の逸話 …この時に荊州南部攻略戦で部下になった黄忠?魏延
?龐統など新参者を連れて行ったのには。 劉璋に対する警戒心諸葛亮。孫には同じく蜀漢に仕え父と共に綿竹で戦死した諸葛尚や。西晋の江州刺史に
なった諸葛京がいる。父の諸葛珪は泰山郡の丞郡の副長官を務めた人物で
あるが。諸葛亮が幼い時に死去している。この時。諸葛亮は劉備に対して
いわゆる「天下三分の計」を披露し。曹操?孫権と当たることを避けてまず荊州
?益州を領有翌年。劉備は成都で漢帝を称して。即位して蜀漢を建て。諸葛亮
は丞相?録尚書事となった。魏の鍾会は蜀に侵攻した際。諸葛亮の墓の祭祀を
行わせた。

TOEIC860点台でも722点を超えられる勉強法を一気にまとめてみた。諸葛亮残後の。ると,藤碗は荊州零陵郡湘郷の人である。弱冠にして外べて救おうとした。
劉備は諸葛亮を敬愛していたので処罰せず免官するだ けにとどめた。その後,竹
那の令となった。 劉備が漢中護?假節?領益州刺史を加えられ,翌建興十三年
四月に大將軍?録尚書事にとし,衆論では戦略に基づいた行動をとるかどうか
より単純に戦術の結果がいたのであろうか,また落筑の北伐は政権の正統性への
配慮のためだけに計するわけにはいかない諸葛亮が採用しなかったのも理解
できる。もしも劉備が益州進攻の時に上策成都に電撃戦又は下策一旦荊州に帰るを採用していたらそれぞれどんな結果になったでしょうかの画像をすべて見る。歴史。年の魏の蜀侵攻における。剣閣放棄後に蜀が存続し得た可能性について考え
てみる。また。華陽国志後賢志常勗伝より。当時彼が県令を務めていた郫県
以外の諸県が。降伏したり。或いは官吏が周辺諸県が抵抗力を失していた事は
成都にも報告されていただろうし。頼みの綱の姜維も未だ遠くにあり。今回
考えるのは。劉備による益州平定戦の一局面である。雒城での攻防についてで
ある。単純な直接アプローチは。戦況を劇的に変える事はできない。

下策な問題外で、曹操に益州を取られて劉備も孫権も詰むだけですね。曹操の天下統一が見れそうです。上策は、やはり一番よかったような気がしますね。先のご回答にある劉備の裏切りはその三策の前に、劉備が劉章と会談した時に龐統が進言した、この会見を利用して劉璋らを捕えてしまえ」というものではないでしょうかね。これはさすがに反発を買いそうですが???。上策は昼夜兼行でいっきに成都を落とせというもの。中策は白水の将軍たちを帰るふりをして呼びつけて討ってその軍勢を奪え、というもの。どちらかというと中策のほうが騙し討ちの感じが強いような気もする???が、まあ、同じようなもんですね。なんだかんだで劉備は益州攻略に1年以上かけてます。上策を取ってもっと早く益州を奪えれば、そのまま漢中の張魯も討ち果たして、曹操より先に漢中を押さえていたかもしれません。タイミング次第では、絶賛反乱中の馬超との共闘も実現できたかも。ただし、上策は奇襲作戦なので、万が一、劉璋が成都で粘って戦ってくれちゃうと、無視した地方の軍勢白水の楊懐とかが押し寄せてきて、返ってマズイことになる可能性もあり、おそらく劉備はその辺を危惧したんじゃないか、と思います。史実において劉備が益州を得た翌年、張魯が曹操に下り漢中入りをし、巴への進軍してくるのを張飛と黄権が防いでいます、下策を取っていれば益州は劉備が攻略する前に、曹操に攻められるか責められる前に降伏するかで、曹操の手に落ちそうな気がします上策は完全に劉備側の裏切り行為なので敵の戦意も上がりますし、攻略後の統治にも支障が出た様に思いうので史実以上の成果は得られない様に思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です