税務解説集:建設業の会計?税務 当期に中央商会から受注し

税務解説集:建設業の会計?税務 当期に中央商会から受注し。回答の仕訳で正しいです。28万人月の当期に中央商会から受注し完成した工事に係る完成工事未収入金こ一部840,000について貸し倒れが発生した貸し倒引当金の機首残高は1,320,000であるを4人でやる話 ?8万2千年生きたSE?。当期に中央商会から受注し、完成した工事に係る完成工事未収入金こ一部840,000について貸し倒れが発生した、貸し倒引当金の機首残高は1,320,000である 回答 貸倒引当金840,000/完成工事未収入金 仮受消費税40,000 です 仮受消費は普通左側ではないんですか 税務解説集:建設業の会計?税務。完成工事未収入金は。完成工事高に計上した工事にかかる請負代金の未収額
として計上されます勘定科目分類。平成21年4月1日以後開始する事業
年度から「工事契約に関する会計基準」等が導入され。原則として工事進行基準
を採用しその結果。請け負った工事において。工事収益総額および工事原価
総額ならびに決算日における工事進捗度について信頼性また。工事進行基準に
基づいて計上された完成工事未収入金は。売掛債権等に該当するとされたため。
貸倒引当金

回答の仕訳で正しいです。仮受消費税はxxn********さんの理解の通り普通は貸方左側です。例完成工事売上の計上時完成工事未収入金 880,000/完成工事売上高 840,000 /仮受消費税 40,000ただし、貸倒れが生じた場合は消費税の額から控除できます。※売上が課税売上の場合に控除できます。例貸倒時全額、貸倒引当金貸倒引当金 840,000/完成工事未収入金 880,000借受消費税 40,000/実際にお金を受け取っていないので、代わりに支払う義務が消えるのは当然と考えられます。また、何をもって貸倒とするかについても条文に記載してあります。根拠条文等は以下国税庁のHPの通りです。「No.6367 貸倒れに係る税額の調整」以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です