法定相続人の範囲 三枚目→遺産分割協議証明書披相続人の名

法定相続人の範囲 三枚目→遺産分割協議証明書披相続人の名。相続人の関係がさっぱりわかりませんし、2枚目の委任状と、3枚目の遺産分割協議書の内容に齟齬が生じています。三枚目→遺産分割協議証明書披相続人の名前披代襲相続人の名前披相続人の死亡によって開始された相続について代襲相続人においてその相続財産について遺産分割の協議した結果遺産目録の全てを披代襲相続人の代理相続人に相続することに同意したことを証明しますの超具体的使用例。三枚目→遺産分割協議証明書披相続人の名前披代襲相続人の名前披相続人の死亡によって開始された相続について代襲相続人においてその相続財産について遺産分割の協議した結果遺産目録の全てを披代襲相続人の代理相続人に相続することに同意したことを証明します総数「1470」わたくしのABCDEF。行政書士さんから遺産分割協議書が届きました 内容が理解できないので質問させていただきます 内容は、Aさんの叔父の妻である披相続人、故Bの遺産分割競技において、その相続人のひとりであったCさんの二女Dが平成 20年に亡くなり、その相続人であったEさんの父も亡くられたので数次相続人となったEさんに遺産分割協議書にサインして下さいと通知がきました 二枚目→私は披相続人故Bの全ての遺産を相続する相続人、Fさんを代理人と定め、遺産分割協議証明書遺産目録記載の不動産所有権移転登記申請、供託金払渡請求手続き及び登記識別情報通知書受理に関する一切の権限を委任します 下部にサインして下さいと 三枚目→遺産分割協議証明書、披相続人の名前、披代襲相続人の名前、披相続人の死亡によって開始された相続について代襲相続人においてその相続財産について、遺産分割の協議した結果、遺産目録の全てを披代襲相続人の代理相続人に相続することに同意したことを証明します 目録に土地や供託金の金額などが記されてます まず、これは相続放棄をしろとの通達ですか それとも相続して下さいとのことですか 私はEさんの立場です 相続手続きについて。住所変更名前の変更相続?続きご案内サービスは。?声および画?の案内に
したがい。お客さまが??された相続の状況やお亡くなりになられ直系卑属。
被相続人の子供代襲相続人※を含みます被相続人の子供が相続開始以前
に死亡したり。欠格事由や廃除により相続権を失ったときは。その子供被相続
人の孫が代襲して相続人となります。下記の遺?書がなく。遺産分割
協議書がある場合と遺?書がなく。共同相続による場合は。「相続?続きの

いつ来るか分からない10分のために三枚目→遺産分割協議証明書披相続人の名前披代襲相続人の名前披相続人の死亡によって開始された相続について代襲相続人においてその相続財産について遺産分割の協議した結果遺産目録の全てを披代襲相続人の代理相続人に相続することに同意したことを証明します準備をしているのがおばさん。預金相続の手続に必要な書類。お取引金融機関が預金の相続の手続をするに当たり提出を求めている書類は概ね
以下のとおりとなりますが。相続の方法やここでは遺言書。遺産分割協議書。
家庭裁判所による調停調書?審判書の有無に応じて。預金の相続の手続に必要と
なる手続について確認したい場合はこちら検認済証明書公正証書遺言以外
の場合; 被相続人亡くなられた方の戸籍謄本または全部事項証明死亡が
確認法定相続人の範囲。これを「代襲相続だいしゅうそうぞく」といいます。 孫が死亡している場合
はひ孫が。兄弟姉妹が死亡している場合は甥や姪が。それぞれ代襲相続主な法定相続情報一覧図の様式及び記載例:法務局。法定相続情報一覧図に記載する被相続人との続柄については,戸籍に記載される
続柄のほか,申出人の選択人の任意とされていますが,記載することにより,
その後の手続例。相続登記等の申請,遺言書情報証明書の嫡出でない子が
いる場合平成25年9月4日以前に相続が開始している場合に限る。再代
襲が生じ,法定相続情報一覧図が複数枚にわたる場合配偶者?子複数名?子
についての代襲者を更に代襲死亡による家督相続が生じている場合

相続人の関係がさっぱりわかりませんし、2枚目の委任状と、3枚目の遺産分割協議書の内容に齟齬が生じています。>Aさんの叔父の妻である披相続人、故Bの遺産分割競技において、その相続人のひとりであったCさんの二女Dが平成20年に亡くなり、その相続人であったEさんの父Eさんのお父さんと、ABCDさんの関係が全くわかりませんが、ともかく、Bさんの代襲相続人がEさんだとして、2枚目は委任状ですね。>遺産分割協議証明書遺産目録記載の不動産所有権移転登記申請、供託金払渡請求手続き及び登記識別情報通知書受理に関する一切の権限を委任しますこの委任状の内容では、?登記申請?登記識別情報の受領?供託金払渡請求…を、Fさんに委任することになっています。法定相続分がいくつかしりませんが、共有の名義に登記申請をFさんに委任し、その登記が完了した後の登記識別情報を受け取ることも委任する、なんの供託金かわかりませんがその払渡しの手続きも委任する。ところが3枚目の遺産分割証明書では、?遺産目録の全てを披代襲相続人の代理相続人に相続することに同意し、とありますから、Fさんが相続することに同意しろ、ということのように読めます。原文を見ていないのでちょっとはっきりしません。行政書士か、当事者に電話して聞いた方がいいと思います。行政書士からの書類ですよね。でしたら相手側に争う意思はありませんから、納得いくまで話し合いをしたらいいですよ。?相続放棄をしろという意味ではないです。?内容は、Fさんに遺産を全部相続させるように遺産分割協議をしたいので、ハンコ下さい。と言う意味ですね。3枚目の、被代襲相続人の代理相続人に相続させる…という一文ですが、普通はこういう分かりにくい表現は使わないものなんですが、2枚目に「Fを代理人とする」という文言があるので代理相続人というものが、Fを指すと読み取れますね…「代理相続人という言葉は、法律上ありませんから、ややこしい」遺産分割で全部Fさんのものにするってことでしょうね。他の方もおっしゃってますが相続放棄とはまた違います。あくまであなたの同意があること前提ですから不服ならば署名捺印しないことです。また、行政書士がFさんの代わりにあなたと交渉することは弁護士法72条で禁じられてますから応じる必要は無いです。「相続放棄」と言うのは別の意味の法律用語なので御注意。この場合は、相続を放棄しろという内容。放置しておけば良いでしょう。或いは、こっそりコピーを取った上で、返送しましょう。そのコピーを持って、弁護士に相談しましょう。相手は、あなたの実印なしには何も出来ません。代理相続人は結局Fさんなのですか?となると、遺産の全てをFさんに相続させる事をEさんは承諾した事になりますが、Eさんはそれでいいのでしょうか?法的な相続放棄ではありませんが実質はそのようなものです。内容のわからないものには絶対にサインしてはいけません。Eさんに相続させないようにわざと難解な内容にしてサインさせる手口は多いです。あなたは相手のいいなりにならず、あなたの弁護士または司法書士を付けて必ず内容を理解してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です