大相撲の中継 大相撲中継はそこそこ視聴率取れるんなら民放

大相撲の中継 大相撲中継はそこそこ視聴率取れるんなら民放。まずニュースに出る大相撲の視聴率というのは17時台の数字であり、NHKではBSで13時から総合で15時から中継しているが15~6時台は6%と高い数字ではないテレ朝のドラマ再放送の方が高いそしてそれ以上に問題なのが視聴者の年齢層で大相撲中継の視聴者は50代以上が9割という極端な高齢者向けコンテンツでありCMスポンサーが敬遠する最大の理由がこれ高齢者は消費行動が固定化されてしまっていてCMを打っても響かないからスポンサーがつかない民放から時代劇や二時間ドラマが姿を消しテレ朝が視聴率好調なのに民放5社で唯一減収減益であるのと同じ構造なので、仮に大相撲が民放に移行するなら中継時間と放映権料の大幅削減要求は避けられないので大相撲主催者の日本相撲協会にとってそのような選択は”絶対にあり得ない”ということNHKから得ている高待遇をドブに捨てる理由がない先日の参院選でれいわ新選組と共にNHKから国民を守る党も議席を獲得し、ホームページの党についての項目の中にNHKがプロ野球巨人戦や大相撲を生中継している理由についての記述があり、巨人戦についてはNHKが読売新聞に悪口を書かれないようにする為、日本テレビの2倍の放送権料日本テレビ8000万円?NHK1億6000万円を支払い、元NHK会長の海老沢勝二氏は現在読売新聞社の調査研究本部顧問と、日本相撲協会の評議員会議長を務めています。意外? それとも順当? 2064年「はてなブックマーク 年間ランキング」。NHKについて 大相撲中継はそこそこ視聴率取れるんなら、民放送に移管してはだめなのですか 大相撲の中継。今や人気が過熱してチケットがなかなかとれない大相撲だが。1等席はテレビの
前かもしれない。中継の…視聴率は。10%台なら人気番組とも言われる今。
高い時では20%を超える関東地区。ビデオリサーチ数秒で決着がつく取組
もあり。放送時間の大半を「待ち時間」と感じる人もいる。メディアとスポーツの関係を考える。そして四章では。アメリカでもっとも成功しているスポーツといわれる。
アメリカンフットボールのとメディアの関係。及び成功の要因から日本で
の現状を顧み。日本のスポーツ。およびメディアとの関係に何が足りないのか。
理想の関係はどういうものなのか探っていきたい。プロレスや相撲などの
格闘技のテレビ中継は。敗戦によって意気消沈した日本人に再び活力を与えた。
②で挙げたスポーツの魅力の一般性については。テレビの視聴率調査がその
根拠となりえる。

大相撲中継はそこそこ視聴率取れるんなら民放送に移管してはだめなのですかの画像をすべて見る。NHK経営委員会。年度の受信料収入は。過去最高の,億円を予算として計上しており支払率
%の達成を目指しています。大相撲中継について。1場所日間。年6場所
で計算すると。日の全時間のうち1日平均1時間以上相撲中継に使私は
政治とか討論番組が好きでよく見るが。民放。NHK問わず。しょせん放送
というのは総務省の認可事業なの民放が無理でも。NHKならできると思うが
。NHKは視聴率を自分で出しているのか。それともビデオリサーチの視聴率
なのか。

まずニュースに出る大相撲の視聴率というのは17時台の数字であり、NHKではBSで13時から総合で15時から中継しているが15~6時台は6%と高い数字ではないテレ朝のドラマ再放送の方が高いそしてそれ以上に問題なのが視聴者の年齢層で大相撲中継の視聴者は50代以上が9割という極端な高齢者向けコンテンツでありCMスポンサーが敬遠する最大の理由がこれ高齢者は消費行動が固定化されてしまっていてCMを打っても響かないからスポンサーがつかない民放から時代劇や二時間ドラマが姿を消しテレ朝が視聴率好調なのに民放5社で唯一減収減益であるのと同じ構造なので、仮に大相撲が民放に移行するなら中継時間と放映権料の大幅削減要求は避けられないので大相撲主催者の日本相撲協会にとってそのような選択は”絶対にあり得ない”ということNHKから得ている高待遇をドブに捨てる理由がない先日の参院選でれいわ新選組と共にNHKから国民を守る党も議席を獲得し、ホームページの党についての項目の中にNHKがプロ野球巨人戦や大相撲を生中継している理由についての記述があり、巨人戦についてはNHKが読売新聞に悪口を書かれないようにする為、日本テレビの2倍の放送権料日本テレビ8000万円?NHK1億6000万円を支払い、元NHK会長の海老沢勝二氏は現在読売新聞社の調査研究本部顧問と、日本相撲協会の評議員会議長を務めています。その大相撲については、NHKが暴力団に資金提供をする為で、向正面席に暴力団関係者が座り、刑務所内の暴力団組長に『俺たちは元気ですよ』と言うメッセージを送っている事や八百長相撲に野球賭博、かわいがりと言う名のいじめ殺人をした日本相撲協会と、今なおNHKが縁を切れない理由は、NHKが日本相撲協会に毎年30億円もの放送権料裏金を支払っており、そのお金の一部が暴力団に流れている事を、NHKから国民を守る党代表の立花孝志氏は、海老沢氏がNHK会長時代の側近で、プロ野球巨人戦や日本相撲協会との交渉や契約業務を担当していたので、週刊文春に内部告発をした結果、NHKから懲戒処分を受けたとホームページには記載されています。立花代表の経歴を見ると、経理部やスポーツ報道センターで勤務していた事が現在の活動に大きな影響を与えていると思いますが、元々は和歌山放送局の庶務部にいて、大阪放送局に異動になった時に経理部に配属された事を考えると、人事1つをとっても分からないものだなと思いました。昔は民放も放送していたようですが、スポンサーが付かずに撤退ということになった様です。現在は一部事業者がネット配信を行っています。ただ、テレビでスポンサーが付かない理由の一つは、NHKがCMなしで大相撲を中継していることでしょうから、オリンピックなどもそうですが、民間で放送できるものは民間で放送すべきだと思います。興行主に支払われる放映権料の都合で、主催者側がNHKを指定している面もあるかも知れませんが、いずれも公共の団体であるわけですから、そうしたお金の問題で決めるべきではありませんよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です