原爆ドームは 広島の原爆が今は原爆ドームと呼ばれる建物の

原爆ドームは 広島の原爆が今は原爆ドームと呼ばれる建物の。広島の高校生です。これを見たら、あなたの広島の原爆が今は原爆ドームと呼ばれる建物の上に落ちたのはその建物の上に落ちるように狙って落としたからですかそれともだいたいの範囲で落としたらたまたまその建物の上に落ちたのですかは確実に緩むであろう素敵すぎるネットショップ908選。広島の原爆が、今は原爆ドームと呼ばれる建物の上に落ちたのは、その建物の上に落ちるように狙って落としたからですか、それともだいたいの範囲で落としたらたまたまその建物の上に落ちたのですか いままでの質問しつもん。これまでに皆さんからいただいたおもな質問です。 下の質問の内容を見るボタン
をクリックしてください。 「原爆ドーム」はもともとどんな建物だったのですか
。 原爆げんどのように生活していたのですか。 アメリカで落としたの
ですか。 当時の原子爆弾を落とす目標として。広島が選ばれたわけは? 放射
能の原爆ドームについて詳しく知る。集められた募金をもとにして。年から数回にわたって保存のための工事が行
われ。現在まで建物が維持されてきたのです。 原爆が投下された当時の話を聞く
ことはできますか? 平和記念資料館では。被爆

原爆ドームを深く知ろう。世界平和を訴えようと市民が一丸となって働きかけ。年世界遺産への登録が
実現しました。原爆や戦争の悲惨さ。平和の尊さを学ぶために原爆ドームや周辺
の慰霊碑。記念館などを観賞してみましょう。原爆ドームは。その後「広島県立商品陳列所」。「広島県産業奨励館」と改称されました。 大胆
なヨーロッパ風の建物で。県下の物産品の展示?販売を行うほか。博物館?
美術館としての役割も担ってい

広島の高校生です。原爆ドーム、の上に落ちたのではありません。相生橋というT字橋を目標にして落としましたが、病院の500メートルほど上空で炸裂したと教わりました。広島市中心部に落とそうとした、と聞いた話しですが。大体と考えても良いかも知れませんが市民が多く集まる密集地に落としたほうが原爆新型爆弾の威力が大本営に分かるだろうと判断したからでは?原爆には「エンペラー昭和天皇にプレゼントするぜ」等と落書きしてたアメリカ軍関係者がいたそうだけど。狙って落とした?と言うか?市の中心部目掛けて落とした、と考えても良いかも知れません。上空で炸裂させたほうが原爆の威力が分かるだろう、と考えてたかも知れないけど。上空と言うか地上数百メートル当たりで炸裂させるような感じだったかも知れません。爆弾の起爆方式で接触信管を取ると爆弾を落として着弾した際の衝撃で信管が起爆不全おこして不発弾になることが、よく起きたので原爆攻撃は不発になったら大失態なので爆弾が着地する直前の上空で起爆するよう時限式の信管が選定された。広島市に被害が広大に拡散できるよう中心部に投下が狙われ起爆高度も効果的なダメージを計算された。接触信管の爆弾では無いので広島ドームみたい建物へブチ込む照準が取られたのでは無い。原爆ドーム旧県産業奨励館は太田川と元安川の分流点の岸辺に建っていて、横に相生橋というTの字型の橋があります。爆撃手はこの橋を目標にリトルボーイを投下、600M上空で爆発しました。だから、直撃弾ではありません。空中爆発だったので被害がより広範囲に生じたのです。なお、島病院は原爆ドームと背中合わせくらいで大して離れてはいません。正解は出ているので別話題で。当時の水平爆撃水平飛行する爆撃機から投弾するの精度なんて数百メートルの誤差なんて当たり前。誤差が大きいから、なるべく低空から落とせば標的に当たりやすくなるが、爆撃機が危険に晒される。乗員の安全と作戦遂行のジレンマだった。だけど「できない」をそのまま放置するアメリカじゃなかった。当時、日本?ドイツはまだ光学式。つまり、ぶっちゃけタダの望遠鏡でしかない頃、すでにアメリカでは爆撃照準器に自動飛行装置を組みわせた「自動照準システム」を完成させていてB-17やB-25等、重爆撃には標準装備となっていた。こいつは一種の機械式コンピューターで、機速?風向風速?高度や方位など計測して入力された目的地へ誘導。自動で投弾してくれると言う優れもの某トンデモ科学雑誌では宇宙人から貰った技術で作られたとか言われている当然、後継機であるB-29にも標準装備であったが「機械故障による事故」で投下できない事態を嫌ったため、エノラゲイなど原爆投下機からは爆撃照準器が光学式に交換されており、爆撃手の目と手に委ねられた投弾だったため300mもずれた場所に落ちた。地上に落ちたんじゃないよ300m上空で爆発させたその方が広範囲に広がるでしょ目標は既出なので省く投下目標は、上空一万mからでも確認出来る変わった形の相生橋でした。原爆ドームの直ぐ近くです。実際に落ちたのは、風に流され原爆ドームから120m離れた島病院←今も開院しているだとされています。原爆ドームの上に落ちたのではありません。その近くにあった病院、「島病院」現在は当時の院長のお孫さんが継ぎ「島外科内科」となって同地で営業していますの上です。「エノラ?ゲイ」が目標にしたのはさらにその北西の相生橋です川の分岐点にT字型の橋という目立つ地形なので…が、風で流されて同地に投下されました。当時の爆撃精度としては、まぁそんなもんです。別に標的というわけではないでしよう。たまたまそこにあった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です