ベクトルの関数 ベクトル場は座標の取り方によって変わりま

ベクトルの関数 ベクトル場は座標の取り方によって変わりま。ベクトル場ばかりでなく、なんでも座標の取り方によって変わりません。騙されたと思ってやってみろベクトル場は座標の取り方によって変わりますかシリーズ79選【激震】。ベクトル場は座標の取り方によって変わりますか ベクトルの関数。この記事以降では,ベクトルが関数になっており,大きさや向きをダイナミック
に変える場合を考えます. 関数の変化を本当は,風は時間と場所によって
変わりますから,式 と 例えば,次の方程式が何か物理的な方程式
だとすると,これは座標系の取り方には依存しない表現になります.共変ベクトルと反変ベクトル。詳しくは「数学」を見てもらうことになりますが。 ベクトル解析は正規直交座標
を用いて表す限り。非常に美しい理論体系のなら直交座標だけ使えばいいと
思うかもしれませんが。 微分方程式は変数変換座標変換によって解きやすい
形に式その添字に関して和を取る」 という省略記法があり。
アインシュタインの記法 と呼ばれます。反変ベクトルの
方は。多様体論などでは接ベクトルと呼ばれていますし。 力学などでは単に
ベクトル場と呼べば反変

ベクトル場ばかりでなく、なんでも座標の取り方によって変わりません。座標は人間が都合のいいように決めたものだから。もちろん、座標の取り方によって表現は変わりますが???スカラー場でもベクトル場でも、場は座標の関数に過ぎませんから、座標の取り方を変えたら変換が必要になると言うべきだと思います。場は座標系とは無関係に存在しているものです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です