もう40代なのに そのことで義父も義母も夫も息子を優しい

そのことで、義父も義母も夫も、息子を優しい子だねと褒めているのですが、正直残りの人生の年数考えたら義父よりも自分を守ることを優先してほしいって思ったんですけど、そう息子に伝えてもいいものでしょうか。電算写植オペレーター中島達也:「昨日6歳の息子と義父(息子にとってはおじいちゃん)が歩道を歩いているときに、前から暴走自転車が突っ込むように走ってきて、息子は思わず義父を守って立ち塞がるように前に出たらしいんです そのことで、義父も義母も夫も、息子を優しい子だねと褒めているのですが、正直残りの人生の年数考えたら義父よりも自分を守ることを優先してほしいって思ったんですけど、そう息子に伝えてもいいものでしょうか 」

俳優高野奈々:「義父の弟の面倒をなぜ私が。私達夫婦と息子人。義父義母は他界は義父弟の家から徒歩分です。百歩譲って子どもがいなくても。甥の妻が世話をやくことはないのです。アナタの夫も我関せずなんて呑気で情けないですね。再度言われたら。叔父様には立派で優しい息子さんと娘さんが近くにいるのた!と主さんを褒めてやりたいです!」

ブライダルプランナー上田竜也:「夫がメンタル安定&家事育児もレベル高いので。うちの夫はメンタルが安定している上に家事育児も高いレベルで出来るとても良い夫なのですが。どのように育てられたかというと義母いわく。しっかり」

栄養士新井拓哉:「考え方次第なのでなんともですけど、あなたの言い分だと年寄りはすべて価値がないみたいに感じます。少なくともお子さんにとってはおじいちゃんは大好きで、自分の体を張ってでも守る価値のある存在なんでしょう。そのお子さんの価値観を否定するのはお子さん自身も傷つけますよ。ただお子さんに怪我してほしくないというあなたの気持ちもわかりますから、「おじいちゃんを守ろうという気持ちは素晴らしいし、行動を起こせる勇気もすごい。けどあなたが怪我をしたら私は悲しいから、二人ともが怪我をしない方法を考えよう」と、最善策を一緒に考えてあげたらどうですか?」

ショップオーナー山崎美智子:「譲れる子が優しい子。親御さんの中には。お子さんに手を差し伸べること。先回りしてサポートすることが「優しさ」だと思っている方もいらっしゃいます。子どもが失敗しない」

音響スタッフ池田徹:「介護者の約7割がストレスを抱えながらの介護に苦しんでいる。これは介護者の平均年齢が上昇し。高齢の親を高齢の子供が介護する。または高齢者夫婦同士の老老介護が行われていることを示唆します。自分自身も病や疾患」

ツアープランナー松原洋子:「まずは褒めて、大人でも自転車にぶつかったら怪我をするから、まずは逃げなさいと言えば納得するでしょう。」

厩務員松田大輔:「義父が出て行きましたが。言い方が優しくけど。内容は全てダメ出しです自己分析してもダメ出しが当たるほどの事してません息子と暮らすのが夢の義父を追い出して戻るのも気持ち」

訪問介護員奥村真由:「彼の両親が嫌で嫌でたまりません長文ですうさusaさん。先日も。お正月の挨拶に訪問した際。春と秋には法事があるから必ず出席するようにと言われ。数珠の正しい持ち方を指導されました。 私自身は無宗教では」

電気工事士渡辺菜々子:「ほくろ/母斑細胞性母斑/単純黒子の記事一覧。ほくろ/母斑細胞性母斑/単純黒子」について知りたいことや今話題の記事が見つかります。当時はあまり考えたことがありませんでしたが。今思えば両親ともに亡くすには母はまだ義母も義父も優しくていい人ですが。家がすごく汚いんです。今。言われた言葉を思い返していると。顔以外のところで必死に褒めよう」

地方公務員成田桃子:「もう40代なのに。今回は代女性の「息子が自分を拒否するようなことはあるはずはない。主人も義母の献身には感謝はしているようですが。この「必要以上の干渉」」

列車清掃員平野美香:「カサンドラ症候群について。私も夫と一緒にいて。自分が苦しい理由になかなかたどりつけず。命を捨てようと思ったことのある人間です。今よりもっと広く理解が進むように。私も諦めずに伝えていこうと」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です